レインメーカー“老舗の西陣織生地”を使用したオリエンタルジャケット、谷崎潤一郎『陰翳礼讃』などに着想

 レインメーカー(RAINMAKER)の2021年秋冬コレクションから、オリエンタルジャケットが登場。2021年8月上旬より、レインメーカー 京都ほかにて発売される。


老舗の西陣織生地を使ったオリエンタルジャケット



オリエンタルジャケット(Aバージョン) 107,800円

新作のオリエンタルジャケットは、1950年代から60年代にかけて、アジア圏の土産品として製作されたスカガウンをベースとしたジャケットだ。tote711コピーボディには、レーヨン・キュプラのベロア地を使用する一方、衿やカフスには1688年創業の西陣織の老舗「細尾」によって織りあげられた素材を採用した。



オリエンタルジャケット(Aバージョン) 107,800円

ラインナップするのはAバージョンとBバージョンの2種類。Aバージョンは、谷崎潤一郎『陰翳礼讃』における漆の繊細さ、影と光を触覚的に解釈し、全面に箔を使用することでなめらかな質感を出しつつ、ふくらし織と呼ばれる技術で凹凸を表現している。



オリエンタルジャケット(Bバージョン) 107,800円

一方、Bバージョンでは、ニューヨークの創造的なシーンや多様性、色、ムードを着想源に、白黒のコントラストが効いた生地を採用。ジルサンダー tシャツ 偽物2種類の箔を使いつつも、モール糸で豊かな風合いをもたらした。

【関連記事】:北海道の最新ファッション情報

评论

此博客中的热门博文

ルイ・ヴィトンは新しいベルトパックのアルファベットVernisを発表した

シームレスダウンパーカの魅力とは

ふるさと納税でGETできる!DVERG×BRIDの人気アイテムベスト3